パパを探す愛人の人生

愛人。この言葉を聞くと、秘め事、二の次、遊び、お金目当てなど、アンダーグラウンドな世界を想像される方が多いかと思います。少し悪いイメージがつきまとうものですが、お互いが納得して楽しく付き合う分には決して悪いものではありません。
愛人生活をしていたパパとの体験談ですが、仕事に対して熱心で成績も上げており、ユーモアセンス溢れる方でした。常に自分を高める意識が強く何事も楽しく行きたいと言う方だったので、男女関係でも愛人を作って楽しく充実した毎日を作ろうと言う考えだったと思います。そしてサービス精神も旺盛な人でした。「俺はモテるから」だとか、お金があるからだとか、自分の自尊心をくすぐる為の愛人作りでは無いところが少し変わっているなとも思いました。そんな我が人生を楽しみ、常に私を楽しませようとしてくれる姿勢が本当に素敵で、私ものめり込んではいけないなと自分に言い聞かせながらパパと楽しく過ごしていました。
ですが、別れは突如やってくるものですね。関係を終えて考える時間が出来た今、パパの性格上、相手にも人間的な成長を求めていたんだろうなと思います。私はただパパの大人な振る舞いや生き方に依存するだけで、特に何かを頑張るだとか一生懸命になると言った事はありませんでした。そして、それを見破られないように口だけで動いていた事も嘘が積み重なってボロが出ていたのだと思います。パパは頭が良いから、最初は見過ごしていていたのでしょう。もう変わる余地がないと見切りを付けたのでしょう。愛人関係を終わりにしようと言うお言葉がありました。正直、お付き合いをしている訳ではないから引き留める理由もありません。最初はなぜだろうと落ち込み泣き寝入りでしたが、時間が経つにつれ分かってきました。そして、別れた後で大切な事にも気付いています。連絡を取る事は二度と無いと思いますが、関係を終えて自分が成長出来ていると思えば良いだったのかもしれません。

 

《パパを探すならこちらで》
パパ募集・パパ探しに最適な3つの掲示板とは?

続きを読む≫ 2017/01/03 15:19:03 i

私の友人が愛人生活を続けています。最初聞いたとき、自分ではそういうものを嫌悪するのだと思っていたのですが、意外とすんなり受け入れることができました。
多分彼女の性格を知っていて、あっさりと彼女が告白してきたからだと思うのですが、彼女の場合誰か特定の独身男性と付き合うより、年上の家庭があるタイプポジティブに言えば落ち着いている男性と付き合うのが向いている子なのです。
愛人になって会うのは週二回くらいだというのですが、別に相手の家庭を壊したいわけではないし彼女としても結婚してほしいわけではないのだといいます。
むしろ、独身男性だとどうしても将来結婚を考えているのではないかと思ってしまい、裏を考えてしまうため付き合いが長いこと続かないのだといいます。
気兼ねなく付き合うことができて結婚というものを考えなくていい相手というのが気楽で彼女にあっているのだそうですが、人それぞれ付き合い方もありますし、そういうのはだめだよ、という善人ぶった対応もこちらはできません。彼女が幸せでそれで現状満足していればいいのではないかと思ってしまうのです。むしろ、愛人になるという選択肢をチョイスできた彼女がすごいなと思ってしまうのです。独身男性と付き合うよりもハードルが高いと私は思っているのですが、彼女の付き合い方などから既婚男性と付き合うほうが楽、という結論に出たというのが長考する彼女らしいなと思ってしまったのです。
束縛してきたりもしないそうですし、彼女と話をしているときも「彼氏がねー」という話などを一切してこないので、私も楽をさせてもらっています。

続きを読む≫ 2016/10/30 17:52:30

愛人になる人って、ある意味では男女の仲に対して固定概念を持っていない、頭の柔らかい人なのかなあと思います。とてもざっくりと言いますと、私は常識というものにとらわれている人が嫌いです。意味のない校則で、髪の毛を染めたらダメ、結婚したら出産するのは当たり前、女子は何故か硬式ではなく軟式テニスしかできない、出る杭は打たれるこの国では、常識から外れた人を異端者と見る目がすごく育っているように感じます。私はそれが嫌で、何故皆とそんなに歩調を合わせないといけないのかと疑問を投げたくなります。個性を殺すことがそんなに楽しいのでしょうか。
愛人もそうで、それが悪いか良いかは別として、男女の仲はこうでなくてはならない!という決めごとから外れているように思います。それでもそれを貫けるのは、日本は愛人という概念は受け入れられつつあるのかなと思いました。昼ドラなどでも取り上げられたりしてきましたし、今年は芸能界は不倫がメーンです。
男女関係とは、未婚同士が結婚して子どもを産み育てる、が当たり前かもしれません。でもその枠に入れない人たちがいて、男女関係がたまたま愛人という立場になってしまうこともあるでしょう。やはり愛人を肯定はしませんが、それはそれで男女関係という観点ではあってもおかしくないなと思います。行きすぎると犯罪になることもあるので線引きが難しいところではありますが、愛人関係はもはや身近にあるものになってきているのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2016/10/29 18:28:29 mob

愛人になるというのは、若い女性が主にできる仕事になりつつあります。例えば女子大生はお金が必要になるので、バイトをしなければならないのですが、そのバイトも飲食店などで働くのは大変で時給は安いし、楽しいとは思えないかもしれません。そのようなバイトをするくらいならば、誰かお金持ちの愛人になってお金を稼ぐほうがよっぽど楽しいし、楽だし、疲れることはないし、愛し合えることで寂しさもなくなってちょうどいいと考えるのです。飲食店のバイトよりも稼げるケースも多く、男性に気に入られると、おいしいレストランでデートして食事をおごってもらったりとか、プレゼントをもらえたりという付加的な楽しみを味わうことができたりするのです。そして生活に必要なお金をサポートしてもらえるのです。

 

愛人になった女の子は男性が求めるものを与えることで男性を満たすということがいわば仕事ということになります。それでほとんどの場合にはセックスを求められることでしょう。男性が求めるようなエッチをして男性を気持ちよくさせて癒してあげるのです。体の関係になることでお互いにさらに親密になり、一緒にいることを楽しめるようになるでしょう。愛人になった女の子にとって、その男性は自分の親くらい、あるいはそれ以上の年齢かもしれませんが、その年の差はそれほど気になることなく、むしろ女の子からすると、なんでも甘えることができるということで嬉しく、楽しい関係になるのです。

続きを読む≫ 2016/10/27 18:57:27